阿闍梨さんにお会いしてきました

たいへん貴重なご縁を頂き、
光永圓道大阿闍梨(みつながえんどう だいあじゃり)さんの法話をお聴きしてきました!

「千日回峰行」と言う言葉
お聞きになられたことがあると思います。

比叡山で行われ千日の間 7年間かけて毎日欠かすことなく行われる修行。
途中で行を断念することは自らの懐剣で切腹するか、腰紐で首をつるか、毎日が死と隣り合わせの厳しいものです。
途中、病気になられても辞めることはできません。

6年目に入って、9日間の「断食、断水、不眠、不臥の行」に入ります。
その後7年目に入って、25日を残して千一回峰行を終わられるのだそうです。

25日残すのはこれで全ての修行が終わったのではなく、これからも延々と続くことを意味しているそうです。

大阿闍梨(だいあじゃり)とは、随一の荒行として知られるこの千日回峰行を満行された行者のことです。

織田信長の比叡山焼き討ち以後50人目の大阿闍梨
生身の不動明王といわれます!

僕は小さい頃から太田家に代々あるお不動様に手を合わせ、お不動様がいつも守ってくれているのだと祖母から教わってていたので、なんだか不思議な感じと、いくらか拍子抜けしてしまったような…

しかし、阿闍梨さんのあまりの気さくさにビックリの愉しい時間でした!
貴重なご縁を心から感謝いたします。

阿闍梨さんも仰られてましたが、断食(ファスティング)の治癒効果はすごい
山の中で怪我をしても体調を崩しても断食していたらすぐに回復する
そして五感が研ぎ澄まされると

究極のことをされている阿闍梨さんが仰られると説得力が半端ないですね
もちろん一般の方はお水抜きの断食なんてやってはだめですよ!!
僕も現役中水を制限して10日で10キロ近く落とした事あるけど…
今でも思い出すと失神しそうになってしまいます。

太田優士公式LINEアカウントにて
ダイエットの㊙︎情報配信中↓↓↓
友だち追加

ダイエットカウンセリング
お申込みはこちらから↓↓↓