精神の集中力を高める9つの習慣

午後2時になると、あなたの集中力は崖から落ちる大砲よりも早く低下していきます。あなたの集中を現実に向けることができる、いくつかの習慣に目を向けるべきかもしれません。
週に2つの習慣を実践しましょう。少なくともあなたが知る限り、地球史上もっとも生産的で、集中している人間になりえるのです。


 

習慣1:早めに寝ること

最初の、そしてもっとも明らかなステップは「睡眠習慣を直す必要がある」ということです。早く床につき、夕方以降のカフェイン摂取を減らし、寝る一時間前から明るい画面を避けましょう。
早く寝たときには、あなたの脳は朝を迎えたとき自然とやることリストに焦点をおく準備をはじめるのです。シャープに、集中した一日を始められるはずです。

 

習慣2:早めの運動

心の集中力をアップするために、しっかりした運動で頭の中のもやもやを追い出そう、というわけではありません。
ですが、仕事前のエクササイズには、血を巡らせて思考をクリアにし、集中して働きたいあなたへと導く効果があります。

 

習慣3:いたずら書き

驚かないでください。まさに注意が散っているときに現れる行動こそが、あなたの集中を実際に助けてくれるかもしれないのです。
いたずら書きの動きには、学習にそして集中することにあなたを非常に慣れさせる何かがあるのです。有名な思想家や、数名の大統領たちは、まじめにいたずら書きをする人たちでした。
手が実際に塞がっていて、でも脳はいたずら書きをしているとき、あなたは実際に同僚のプレゼンの詳細や問題解決に、より焦点を当てることができるのです。

 

習慣4:お昼に歩きましょう

お昼に10分歩くことで、午後はより集中できるという調査結果があります。だから、ランチの後に建物の周りを歩いたり、4階まで階段で上がったり、もしくは複合施設の回りを少し探検してみましょう。
毎日お昼に歩くことは、あなたの創造性と精神集中を助けます。

 

習慣5:脳に必要な食べ物を食べる

特に、脳に必要な食べ物を摂取するということになると、すべての食べ物は同じではありません。
オメガ3脂肪酸が豊富な魚、アボカド、ナッツや種子の摂取量を増やしましょう。そして驚くことにカレーも大事です。
これらの食べ物は脳の活動を高め、仕事をこなすのに必要な健康的なエネルギーを与えてくれます。

 

習慣6:脳の集中を解きましょう

これはおわかりいただけるでしょう。集中できるようにするために、一定時間脳の集中を解かねばなりません。
あてもなくさまよい、空想などしてみましょう。空想する人々はより創造力に富み、実際にその空想で忙しいときですら、より集中していたという調査結果が出ています。
あなたに限らず、何事もその時間の100%を、100%の能力で動かすことはできません。あなたが起きている間、脳の休憩時間をとってあげてください。
あなたが本当に仕事をこなす準備ができたとき、休息していた脳はさ迷っていた状態から集中へと向かいやすくなるのです。

 

習慣7:SNSをやめる

フェイスブックやツイッターでの新着情報をチェックすること以上に、注意を散らせる物はありません。
心当たりがある方は、パソコンのブラウザを閉じ、携帯からアプリをアンインストールしてしまいましょう。
ページを開かず、アプリも起動しないとき、あなたはより集中することができ、生産的になれるはずです。
たとえそれらの情報を見たいという気持ちがどうしても抑えられないとしても、それはあなたの脳がその状態に慣れていないだけです。SNSを手放してしまえば、すぐに集中力はアップするでしょう。

 

習慣8:正しい時間のカフェインと自然な上昇

カフェインはおそらく、よい一日をはじめるために、あなたがまずはじめに取り入れる習慣ですが、いつ飲んだか、どれくらい飲んだかを把握しておくことが重要な点です。
カフェインを遅すぎる時間に飲むと、睡眠を台なしにして、次の日に疲れが残ったままだったり、集中できなくなるのです。
量のことについていうと、カフェインに対する耐性には個人差があります。少しの量から試してみて、徐々に増やしていき、あなたに最も合う量を見つけてみましょう。

 

習慣9:瞑想

もし残業が続いたり、限界を超えたら、ヨガをしている友人に倣って、瞑想を取り入れてみましょう。
特別な準備もまとまった時間も必要ありません。ただ静かな場所を探して、10分間世界を断つのです。
一つのことに集中することによって、あなたの呼吸から、穏やかな空間を心に思い浮かべることまで、瞑想はあなたの脳のリセットボタンを押します。
毎日瞑想を行うと、再び現実の世界に戻るときには、よりよく、より効果的に精神集中ができるでしょう。