失われた睡眠時間は、どのようにあなたの健康を損ねているのでしょうか?

「自分の生活に欠けているものを5つ挙げてください」と聞けば、かなりの確率で、「睡眠」が一番に挙げられます。不幸なことに、睡眠不足は、私たちのほとんどが、よく知っていることです。そして、夜に十分に寝ることは健康のために重要だとわかっているにも関わらず、1日8時間程度、誰にも邪魔されることなく目を閉じるだけの時間がある人は、とても少ないのが現状です。

■ このことは、私たちの健康に、どのような影響を及ぼすのでしょうか?

鍵を失くしたと思ったら手に持っていたとか、ゴミの日だと思ったら一日勘違いしていたなどといった、うっかりミスや、ちょっと恥ずかしい瞬間のほかに、慢性的な睡眠不足は、以下のような問題を抱えることが、研究で明らかになっています。

事故やケガの増加
精神面での注意力、集中力、未問題解決能力の低下
気分の落ち込み
体重の増加

 

■ 睡眠不足:短期と長期の影響

睡眠の欠如はあまりにも普通のことなので、私たちは、疲れた状態で機能することが上手になってしまいました。コーヒーと市販の栄養ドリンクの消費量が記録的に高くなっていることを見ると、私たちは毎日体験する、頭がぼうっとした状態や忘れっぽくなる状態に対処するといった、素早い解決策を見つけたようです。それは本当に問題解決に成功したと言えるのでしょうか?

これらの比較的小さな問題を最低限に抑えるのは、短期的には生産性を高めますが、目に見えづらい睡眠欠如の影響は健康により有害で、軽く受け止めるべきではありません。

 

■ あなたも睡眠不足に苦しむ一人なら、何をすればいいのでしょうか?

まずは、2時間くらい多く寝ることを心がけるよう提案したいと思います。よく眠れるよう、以下の簡単なアドバイスを考慮してみてください。

  • 規則正しい睡眠のスケジュールを保つこと

    毎日、同じ時間に寝て、同じ時間に起きるよう心がけましょう。そうすることで、身体は、寝る、起きるのサイクルを調整できます。

    • 寝る直前に口にするものに注意すること
    • 食べ過ぎたり、食べなさ過ぎたりすることは睡眠の邪魔をするので、避けるようにしましょう。
  • 就寝中にトイレに行きたくなって起きることを避けるために、床に着く前には、水分の摂取量を減らすようにしましょう。
  • 睡眠直前のカフェイン、ニコチン、アルコールの摂取量は、控えめにしましょう。カフェインとニコチンは刺激を与え、アルコールは、最初こそ眠くさせるかもしれませんが、後に眠りの邪魔をすることがあります。
  • 電気製品のスイッチをオフにすること

電気製品の明かりがあなたの頭を刺激して、眠る、起きる、のサイクルをコントロールするホルモンであるメラトニンの生産を抑制する可能性があります。そして現代人には欠かせない物となっているスマホは寝室に持ち込まないようにした方が良いです。

  • 寝室をもっと眠りやすい状態にすること

耳栓をしたり、リラックス効果がある曲を流したりすることで、雑音を減らしましょう。部屋は、気温が低く、暗い状態に保ちます。ほとんどの人は、気温が18度前後の暗い部屋で、最もよく眠れます。

  • 運動量を増やすこと

定期的に体を動かすことは、より良い睡眠と関係があります。就寝に近すぎる時間に運動をすると、カラダが興奮して、眠りに落ちにくくなるかもしれないので、避けるようにしましょう。

 

LINE@にてダイエットの㊙︎情報配信中
ぜひご登録ください
↓↓↓
 

 

ダイエットカウンセリング
お申込みはこちらから
↓↓↓