太田式グレートダイエット 会員サイト

健幸の法則

ビューティー&ヘルスコラム

もし先生が癌になったらどんな治療をしますか?

先日、全国からドクターや研究者の方が集まる
珪素医科学学会へ参加させて頂きました!

学会のあとの親睦会、
そして二次会では高明な先生方と同席だったので、

ほんとに失礼だと承知しながら、
こんな質問をさせて頂きました。

「先生がもし癌になったらどんな治療をされますか?」

で、
ほとんどの先生が同じことを仰られていました!

その中でも印象深いのが80歳になられる寺沢充夫先生の言葉です。

ご自身も前立腺癌から仙骨へ骨転位した癌経験者でもありました。

※なるべく抗がん剤はつかわない
最初だけ化学療法を少しやったけど途中から一切やめた。

※一にも二にも先ず食事を変えること。
まず糖質の類を控える。
特に砂糖。癌細胞のエサは糖質だから。
そして洋食中心の生活であれば変える。
今の日本に大腸癌が多いのは食事が変わり過ぎて、腸内環境が悪化している人が多いから。
食物繊維豊富な野菜や海藻をたくさん摂ること。

※そして質の良いお水をしっかり飲むこと。
現代人はお水の摂取量が少なすぎる。
犬でも猫でもしょっちゅうお水飲んでるでしょう。

※ケイ素などの抗酸化作用のあるものを摂ること。
野菜、海藻、根菜類など

※そしてなるべく自然にふれること。
お天道様にあたること。
山や海にいくこと。

※とにかく毎日笑顔で愉しく過ごすことに尽きますよ!
「病氣という字は氣が病むと書くじゃろう…」

尿療法も実はすごく良いんだとかなんとか…

隣でウイスキーをぐびぐび飲みながら話されていました。

私たちの体は食べたもので出来ている
そして病は氣から

どこでも聴く話しですよね。
今さら聞かなくても、皆さん分かっていると思います。

一日や二日よくない生活をしたところで、いきなり体がこわれる事はないと思います。

日々の積み重ねですね!

朝は皆さんお忙しいかと思いますが、大きな深呼吸して今日も笑顔でスタートしましょう☆

ご質問はお気軽にLINEでメッセージください
超健康を手に入れるバイオハッキング情報配信中↓↓↓

体質改善、ダイエットのご相談は
こちらから↓↓↓

太田優士著「スリムダイエット術」

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました